JPSE Japan Photo Studio Equipment
日本営業写真機材協会会長ご挨拶

「総合力で推進力を高める団体に」
会長 江口 聡  
 この度、長年にわたり日本営業写真機材協会を牽引されてきた岡芳男様から会長の大役を引き継ぐこととなりました。役員として経験も浅く、多くの諸先輩方を差し置き誠に僭越ではありますが、会員の皆様方のお力をお借りしながら協会の発展に少しでも寄与できればと考えております。
 何卒よろしくご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。
 さて昨今の写真を取り巻く環境は大きく変化をして参りました。
 写真自体を楽しむ方々とシャッターを切る数はアナログ時代では考えられほどに激増しましたが、写真の機材や制作物はアナログ時代より大きく減少してしまいました。
 また、カメラの性能向上、レタッチソフトの発達などにより、素人でも簡単にプロに近い写真を得られるようになり、仕事としての写真撮影のハードルが低くなりつつあります。
 そして、これらは経済状況に左右される一過性のものではなく『写真の有りよう自体が大きく変化してしまった』というものであります。

 日本営業写真機材協会は、写真を取り巻く機材・制作物を扱う協会として、この新たな写真環境下での業界のあり方、進むべき方向なども含めて会員相互の情報交換の場として機能していきたいと考えております。
 協会加盟各社様には業界屈指の企業が連なっておりますが、単体で活動できる範囲は限定的なものであり、今の多様化した時代に満遍なく応ずるのは難しいことです。
 日本営業写真機材協会は、個の企業では難しいことを総合力で推し進める力となる団体でありたいと思います。そのためにも加盟会員企業様の一層のご協力を頂き、さらには新規加盟会員数の増強も図っていきたいと考えております。
 『やれない理由』をいくつ並べてみても解決策は見いだせません。
 日本営業写真機材協会は『やれる方法を考える』団体として、写真業界の発展に寄与していければと思っております。
 皆々様の倍旧のご支援・ご鞭撻を重ねてお願いし、会長就任のご挨拶とさせて頂きます。
                                       平成28年7月吉日